キッズキッチン協会認定インストラクターが、山梨での活動を紹介します♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月のレッスン
2010年08月13日 (金) | 編集 |
楽しい夏休みをお過ごしですか?

今月のレッスンは、風邪などの体調不良で、たくさんのお友達がお休みでした
心配しています。早く元気になってくださいね

さて、8月は「お盆直前、精進料理を学ぶ」をテーマにレッスンをしました
『いのち』について。『感謝すること』について。『優しい気持ちで生きること』について。
いろいろ考えてみましたね

考えたことを、今日1日だけでも実践できたなら、それは意味があることです。


095.jpg
はい、まずは「がんもどき」のタネ作り

192.jpg
「揚げ物をするんですか?」と驚かれたお母様がいらっしゃいました。
子供が揚げ物をして、ヤケドをしてしまうとしたら、

* 食材を投入する際に油がはねる。
* 食材に水分が多く含まれていて、揚げている時に油がはねる。
* 揚げ鍋の淵にうっかり触ってしまう。

のが原因である可能性があります。

そこで、「どの高さから食材を入れたら はねないか」自分で考えて自分の手で調節をさせます。
揚げ鍋の前の踏み台は、特に高くしておき、鍋の中が全部見えるように・鍋の淵に手や腕がぶつからないように設定しておきます。

問題が生じたら、「やめる」のではなく、「工夫して解決する」ことが何よりも大事
キッズキッチン山梨の子どもたちは、そのことをしっかり体験しています。

083.jpg
包丁にくっついてしまった人参を取るとき
包丁を「滑り台」のようにして落とすことも身についてきました

みんな、素直な気持ちで、本当に一生懸命に取り組んでいます
手出し口出しを我慢して、子供たちをたくさん褒めてくれるご父兄にも感謝 感謝 感謝

来月は「お月見団子とお芋の料理」です
一緒に楽しくレッスンしましょうね~





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。