キッズキッチン協会認定インストラクターが、山梨での活動を紹介します♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月のレッスン
2010年05月20日 (木) | 編集 |
梅雨を目前にした5月
今日は、「乾物の扱い方」を楽しく学びまぁす

269.jpg
乾物の導入は、毎回お勉強している「昆布のお出汁」から

「お水につけておいた昆布は・・・」→ 「大きくなる」「やわらかくなる」
                 「厚くなる」「色が薄くなる」「ぬめりが出る」・・・

いつも来てくれる人は、全部すぐにわかるはずなのですが、一生懸命考えているお友達のことを気遣って発言を控えてくれた姿が見られました。
小さいお友達や、初めて来てくれたお友達のことを大切に思ってくれて、本当にありがとうね

119.jpg
乾燥した高野豆腐を初めて触るお友達もたくさんいました。
お水につけたらこんなにふにゃふにゃになったんだよね

304b.jpg
お姉ちゃんと一緒に参加してくれたのは、最年少2歳9ヶ月のナッチャン
4段重ねの踏み台より、抱っこのほうがお鍋の中がよく見える

162.jpg
お豆腐の手の上切りは、集中力が必要です。
やさしく手に乗せることも大事。力を入れるとすぐに潰れてしまいます。
手を水平に保つ筋肉も働かせなければなりません。
包丁はゆっくり、まっすぐに下ろします。
息を殺して、下まで切れた感触を確認。
切ったときと同じ道を辿って、ゆっくり包丁を上に戻します。

できた

大満足の笑顔・自信にあふれて大人びた表情。
でも、お父様お母様の視線を感じて、ちょっと照れくさかったり・・・

乾燥ひじきがモクモクと太っていくのをじっと見つめて経験しました。
最初「プラスチックかなぁ・・・」と思っていた棒寒天を、おいしい「フルーツミルク寒」でいただきました。
豆腐とワカメのお味噌汁を3杯もおかわりしました。


今月もキッズたちの頑張りに感動
ありがとう。また次回一緒にお料理できるのを楽しみにしています


【 保護者の感想メールより 】

先生が、「お母様とスーパーに行ったら、お菓子のコーナーより先に乾物コーナーに行きなさい」
とおっしゃったのをしっかり守り、息子は真っ先に乾物コーナーに向かっていきました。
レッスンで使った乾物以外のものにも興味を持っていて、キッズキッチン山梨の影響力を実感しました。

とっても嬉しいメールでした
ちゃんとお菓子も買ってもらえたかな

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。