キッズキッチン協会認定インストラクターが、山梨での活動を紹介します♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12月のレッスン
2009年12月20日 (日) | 編集 |
今回も、たくさんのお友達が来てくれました
受付で、祝箸にお名前を書いてお正月ムード満載でスタートです門松

009.jpg
真剣なまなざし
「お重箱」「祝箸」「年神さま」など、『おせち料理』に関するいろいろな話を聞きました

034.jpg
「まきす」の使い方を覚えますロールケーキ
今日は伊達巻を1人1本作りますよ
お留守番のお父様やおじいちゃまおばあちゃまにもお土産で持ち帰ります

016.jpg
重くても、こぼれそうでも「自分でやる」ことが何より大事
大人が手を添えた瞬間に、「大人の筋肉」で操ることになってしまいます。

どの角度に傾けたら上手に注げるか、どのスピードで注げば上手に入るか、
重たくて手が辛くなってきても、離したら落ちてしまいます手書き風シリーズ汗1

自分の脳で考えて、自分の筋肉で料理をするから、それができたときには
本物の自信と、満足感を得ることができるのですね
[見つめてあげれば 子供はがんばりやになる]という言葉があります。
「手を出さず、口を出さず、子供を信じて見つめてあげる」ことがキッズキッチンからのお願いです

022.jpg
できましたアップロードファイル

調理中はみんな本当に集中しています
たくさん考えて、頭をフル回転させているから、
完成して緊張が解けたとたんに、大満足の笑顔 笑顔 笑顔にこっ

「先生、今日もとても楽しかったし、おいしかったです。
ありがとうございました!またよろしくお願いします!」
こんな立派なごあいさつをしてくれたのは、7歳のMちゃん。
お母さんに「言ってきなさい」と言われなくても、自分の意思で来てくれました

「大人に頼らずに自分でやる」ことはいろいろな面でプラスに働くのですね

○○○ 今日の感想 -保護者の方より- ○○○

* 伊達巻が子供にも作れるなんて感動でした。本当にとってもおいしかったです。
  お正月には必ず僕に作らせて!と言っていますが、私も今日のレシピで作ってみたいので、
  親子ケンカになりそうです(笑)

* 今まで「なます」はすっぱいから食べなかったし、「田作り」は苦いから食べなかったのですが、
  今日先生が、「お砂糖とお酢を合わせたらどんな味になるか想像して」とおっしゃったときに
  「甘酸っぱい」と答えてほめられたのが嬉しかったのか、バクバク食べていて驚きました。
  「ハチミツとしょうゆで甘辛い。」
   ごまめ の はらわた は「ほろ苦くて、甘辛いタレに合う」など、おいしそうなお顔で話されるので
  子供がたくさん食べたのだと思います。ありがとうございました。


本当にありがたいお言葉です
趣旨をご理解いただいて、お越しくださる皆様に心から感謝いたします。

ありがとうございます ぜひまた一緒に楽しみましょうね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。